コラム 地図アプリ

ゲリラ豪雨予測アプリ tenki.jp Tokyo雨雲レーダー|新型気象レーダー採用で予測精度向上

新型気象レーダー採用で予測精度の大幅アップが期待

大雨による水害が各地で頻発する中、突然の大雨をすばやく察知して早めに防災対策や避難行動を起こすことが重要となる。そのために活用したいのが、気象情報をいち早く知らせてくれるスマートフォンアプリだ。

日本気象協会が2020年7月7日にリリースしたiOS/Android向けアプリ「tenki.jp Tokyo雨雲レーダー」もそのひとつで、危険な雨をいち早く察知することができる。

tenki.jp Tokyo雨雲レーダー

アプリ概要

同アプリは、内閣府のSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)の実証実験の一環として公開しているスマートフォンアプリで、SIPで開発された世界初の気象レーダー「MP-PAWR(マルチパラメータ・フェーズドアレイ気象レーダー)」を活用した初の一般向けアプリとなる。

MP-PAWR(エムピーパー)は、30秒から1分で雨雲の高速三次元観測が可能なフェーズドアレイ気象レーダー(PAWR)と、雨量を高精度で計測できるマルチパラメータ(MP)レーダの機能を併せ持つ気象レーダーで、上空の強い降水域をいち早く正確に観測することができる。これにより、数分後に地上に到達するゲリラ豪雨を事前に察知することが可能となる。

「tenki.jp Tokyo雨雲レーダー」は、このMP-PAWRの観測データに加えて、日本気象協会が提供する天気予報専門メディア「tenki.jp」のノウハウを生かすことにより、急速に発達する雨雲の予測を最短1分ごとの更新で表示できる。

背景地図を衛星写真に切り替え可能

現在のところ、気象情報が見られるのは東京周辺だけで、地図は衛星写真に切り替えることもできる。雨雲の状況は20分前から現在までの2分ごと、予報は現在から20分後までの10分ごとの様子を見ることができる。

雨雲が見づらい場合は、右下のボタンで雨雲と地図の濃淡を変更できる。なお、地図上でグレーとなっている部分は、レーダーの観測範囲外となっている。

雨雲断面図の様子が見られるコンテンツも公開予定

同アプリでは、これらの情報に加えて、MP-PAWRの特徴である高速3次元観測を生かした雨雲の断面図(高度500m~15500m)の様子が見られるコンテンツを近日中に公開する予定だ。

上空で観測された強い降水域は、数分後に地上に到達するので、よりすばやくゲリラ豪雨を察知できる。表示するエリアは鉄道路線からピンポイントに選択することができる。

雨雲の断面図の様子を見られる新コンテンツを公開予定

同アプリは、まだ実証実験の段階ではあるものの、都内各地の降水状況をピンポイントに把握するための情報源のひとつとして活用できる。今後は東京周辺だけでなく、ほかの地域でも同様の情報を見られるようになることを期待したい。

天気予報を知るには「tenki.jp」が便利

なお、日本気象協会ではこのほかに、天気予報専門アプリ「tenki.jp」も提供している。同アプリは完全無料・会員登録不要で各地の天気予報を確認することが可能で、気象予報士による天気解説や、地震・台風情報などの防災情報も取得できる。

こちらは日本全国の天気について広範囲に知ることができるほか、週間天気予報よりも長い「10日間天気」も用意されている。突然の大雨を察知できる「tenki.jp Tokyo雨雲レーダー」と上手に使い分けることで、変わりやすい夏の天気に備えてほしい。

■URL
tenki.jp Tokyo雨雲レーダー
https://apps.apple.com/app/id1498897235?mt=8
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.or.jwa.tenkiparandroid

関連サイト

ゲリラ豪雨の予測精度があがる?新型レーダー「MP-PAWR」とは

弊社の空間情報事業について詳しくお知りになりたい方へ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
空間情報クラブ 運営事務局

空間情報プラス 運営事務局

株式会社インフォマティクス 空間情報プラス運営事務局です。これまで8年余り「空間情報クラブ」を運営してきましたが、このたび新たに「空間情報プラス」を立ち上げました。空間情報プラスでは、位置情報や地図、システム、数学など幅広く読者の関心を集める情報を掲載しつつ、空間情報クラブとはまたひと味違う空間の情報化・見える化に関する新しい情報をどんどんお伝えしていきます!ご意見やご感想、掲載依頼、コラボ企画、相互リンクなどをお待ちしております!

-コラム, 地図アプリ
-, , ,

© 2020 空間情報プラス