空間情報シンポジウム2020 開催に際して

はじめに、新型コロナウィルス感染症に罹患された方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い快復をお祈り申し上げます。また、治療や感染拡大防止に尽力されている医療従事者の皆様に対し、深い敬意と感謝を申し上げます。

さて、本シンポジウムは平成8年(1996年)に第1回を開催し、今年で25回目を迎えます。これまでも時代に合わせて内容は少しずつ変えて参りましたが、節目となる今回は、新型コロナウィルス感染症拡大の社会情勢を受け、初めてオンラインでの開催に踏み切ることと致しました。昨年までは大きなホールにお客様をお招きし、その年を代表するような方々に基調講演を頂き、中央官庁や大学での最先端の取り組みについて語って頂くことで、空間情報に関わる最新情報をお届けして参りました。また、ユーザー様にも導入事例を積極的にご発表頂き、併設展示では弊社および関係各社様の最新事例を並べることで、多くのビジネスチャンスが得られると、ご来場者様の多くにご満足を頂いていました。

今年はオンライン開催とすることで、Webサイトを会場として、インフォマティクスのファシリテーターがシンポジウムを開催してまいります。昨今、関心の高いいくつかのテーマを設け、今後1年近くにわたり、これらのテーマに沿って、有識者様のご講演動画をはじめ、関連する様々な記事を随時発信していきます。これにより、従来とは異なる以下の3つの新たな付加価値を皆様にご提供できると考えております。

利便性の向上

オンライン開催では時間と場所に制限がありませんので、遠方であったり、業務都合などで時間が合わないなどの理由で、これまでご参加いただけなかったお客様にも、等しく情報発信・提供ができるようになります。お好きな時間、お好きな場所で講演をお聞き頂けます。

アーカイブ性の向上

これまでは、講演を後からご確認頂くために、講演者様の発表資料を冊子化したものをご用意しておりました。
オンライン開催では、講演は全てデジタル化されますので、聴講したい講演を何度でもご覧頂けるようになります。

テーマ設定

オンラインではコマ数に限りがありませんので、関心事の高い具体的なテーマを複数設定し、様々な方にご講演頂くことで、テーマの深掘りが行えるようになります。サイトオープンにあたりましては、まず「空間疫学」「高校地理必修化とGIS」の2つのテーマを設定しました。随時、他のテーマ開設にも積極的に取り組んで参ります。

これまでのフィジカルな開催の際は、併設展示の場で多くのお客様が弊社社員にじかに接することができました。お客様との触れ合いの場がないことには些かの寂しさもありますが、新たなタッチポイントの場を作る事ができ、大きな期待感を持っております。空間情報システムに関わる方に多数ご参加頂くことで、空間情報についての議論を深め、皆さまの活発な交流の場となれば幸いです。

7月吉日

株式会社インフォマティクス 代表取締役社長 齊藤大地

空間情報シンポジウム2020 テーマ

テーマ1:空間疫学とGIS

空間疫学とGIS

新型コロナウイルス感染症による世界規模のパンデミックが引き起こされているなかで、感染の広がりを把握するとともに、感染源・感染経路を究明し、感染症への効果的な対策を可能にする空間疫学の役割が重要になって ...

続きを見る

動画 空間疫学とGIS

2020/8/21

【講演動画】「COVID19の疫学〜空間疫学の観点から〜」東京慈恵会医科大学 浦島充佳教授

空間情報シンポジウム2020のテーマ「空間疫学」の観点から「COVID19の疫学」というタイトルで、東京慈恵会医科大学 分子疫学研究部 浦島充佳教授に動画講演いただきました。(本動画は2020年7月31日に撮影しました。) 空間疫学の元祖ジョン・スノウによるコレラの研究、感染症の数理モデル、PCRの検査数/発症率/死亡率の相関と陽性率、今後のシナリオ等についてご講演いただいています。 本動画は視聴者限定の動画となります。視聴を希望される方は下記のフォームよりお申し込みください。 お申し込みフォーム

続きを見る

空間疫学とGIS

2020/9/1

空間疫学とGIS。コロナ第2派の到来を予測することは可能か?

2020年、じわじわと世界中に広まる新型コロナウイルスに、私たちはなすすべもありませんでした。 皆さんもご存じの通り、ジョンズホプキンス大学が世界中の感染者情報を地図上にマップし、新型コロナの感染状況の可視化に貢献されていました。 引用元:https://coronavirus.jhu.edu/map.html   私ども、インフォマティクスでも新型コロナに対して何かできないかということから、弊社がご提供させていただいているGC Mapsをベースに厚生省さんや東洋経済さんが発表されているデータを ...

続きを見る

空間疫学とGIS

2020/8/24

新型コロナウイルス感染症 国内状況

インフォマティクスは、新型コロナウイルスに関する最新の状況をわかりやすく可視化することを目的として、2020年4月より専用サイト「新型コロナウイルス 国内状況」を公開しています。 自社製GISをベースに、自社の独自技術と長年にわたる地図データ調製のノウハウを活かして構築したもので、最新の情報を集約して地図上に可視化しています。

続きを見る

テーマ2:高校地理必修化とGIS

高校地理必修化とGIS

長い間、高校「地理」は選択科目でしたが、2022年度からの高等学校の学習指導要領の改訂により、共通必履修科目として「地理総合」が設置されることになります。 「地理総合」では、 ・地図や地理情報システム ...

続きを見る

高校地理必修化とGIS

2020/12/14

「GISの歴史/GISの現状と将来展望」~空間情報シンポジウム2019 東京大学・小口高教授ご講演~

空間情報シンポジウム2019での 東京大学 空間情報科学研究センター 空間情報解析研究部門 小口高教授のご講演「地理情報システム(GIS)と地理学の教育と人材育成」のうち、特に「GISの歴史」と「GISの現状と将来展望」について、ご講演内容を抜粋してご紹介します。 ※ご本人のご承諾を得て掲載したものです。 GISの父、ロジャー・トムリンソン ロジャー・トムリンソンというカナダ人が「GISの父」と呼ばれています。彼は、地方の持続的発展のためには地図を紙の状態ではなく、デジタル化してコンピュータに入れたらいい ...

続きを見る

高校地理必修化とGIS

2020/11/18

「地理情報システム(GIS)と地理学の教育と人材育成」~空間情報シンポジウム2019 東京大学小口高教授ご講演~

2022年度から、高校地理教育が必修化されますが、そこに焦点を向け、GISの歴史を振り返りながら、講演内容の一部をお届けします。 ※本記事は、空間情報シンポジウム2019にて登壇された、東京大学 空間情報科学研究センター 空間情報解析研究部門 小口高教授のご講演「地理情報システム(GIS)と地理学の教育と人材育成」の概要をご本人のご承諾を得て掲載したものです。 GISにおける世界の歴史と日本のGIS教育 1988年、アメリカの3つの大学が連携して 、National Center for Geograph ...

続きを見る

最新ニュース 高校地理必修化とGIS

2020/8/5

高校地理教育へのGIS活用事例|千葉明徳高等学校

千葉明徳高等学校 社会科教諭 濱野 靖隆 様 千葉明徳高校におけるGIS導入経緯 GISで学びを可視化し生徒の興味を刺激することで、より主体的な学びを 千葉明徳高等学校では、2019年度より全校生徒に1人1台iPadを支給するなどICTを活用した教育を積極的に進めています。2022年より必修化がスタートする「地理総合」の授業で、社会科教諭の指導のもと地理情報システム(GIS)を活用した授業を実施し、ICT 教育の効果検証を行っています。 所在地:〒260-8685 千葉県千葉市中央区南生実町1412番地 ...

続きを見る

シンポ・テーマ 高校地理必修化とGIS

2020/9/1

高校地理必修化時代に、GIS業界が果たすべき役割とは

2022年から高校の地理が必須化されます。 私共、GIS業界にいる立場としては、必須化による新しい3本柱の1本に、GISの採用が入っているところに胸躍らされているのですが、主に2つの懸念事項を抱いています。 1つめの懸念事項は、GISを扱える先生が少ないのではないか? 現状のGIS は、必須化の目的を達成するに十分な機能などを保有しているのか? 当、シンポジウムでは各界の最新事例や社会課題を取り扱ってきましたが、一旦ビジネスという視点を離れて、あるべきGISの姿を考える場所として実はシンポジウムという形態 ...

続きを見る

テーマ3:マップマッチング

マップマッチング

位置情報を取得する方法には、GPSを用いる方法(衛星航法)と、車の場合には車速・方位・加速度などのセンサーを用いる方法(自律航法)があります。これらの情報を元に算出した位置情報には多少の誤差が含まれて ...

続きを見る

 

広告:インフォマティクスの最新技術

最新技術情報

-Mappedin-施設内案内システム

Mappedinは、施設内の地図をデジタル化し、紙や案内所に代わってお客様を目的地までナビゲートするクラウドシステムです。   施設のCAD図面などの資料を3D化し、Webサイトやスマートフ ...

動画 最新技術情報

【動画】1分の1スケールの図面を実寸投影!GyroEye Holo(ジャイロアイホロ)のご紹介

HoloLens対応アプリケーション「GyroEye Holo」(ジャイロアイホロ)を活用すると、ゴーグル越しに図面を原寸大で表示することできます。建設、製造現場を変革する近未来型ソリューション、是非 ...

 

空間情報シンポジウムへのお問い合わせはこちら

 

共催・後援団体/協力会社

共催団体 一般社団法人地理情報システム学会 学会長からメッセージ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は全世界を混乱に陥れ,社会に大きな変容をもたらしました。空間移動や対人接触が制限されることで,様々なオンラインサービスが活性化し,これを支える地理情報と通信 ...

続きを見る

協力会社様を募集中です。詳細はお問合せからご連絡ください。

 

© 2021 空間情報シンポジウム2020