AR/VR/MR コラム

横浜にオープンした「ニッサン パビリオン」で先端技術がもたらす未来社会を体験

2020/9/7

皆さんこんにちは。齊藤です。(こちらの記事で顔出ししています。) 先日、日産のパビリオンに行ってきましたのでレポートします。 場所は日産本社すぐ近く(横浜市みなとみらい地区)で、8月1日から10月23日までの期間限定で開催されています。片仮名で「ニッサン パビリオン」が正式名称のようですね。 詳細情報はこちらをご参照ください。 体験型エンターテイメント施設「ニッサン パビリオン(NISSAN PAVILION YOKOHAMA)」が期間限定オープン 横浜駅で下車して徒歩10分程度でしょうか。迷路のような地 ...

ReadMore

コラム 地図・地理

地理学習にオススメの書籍を紹介|月刊「地理」9月号特集は現地調査・研究の安全対策

2020/9/3

皆さんこんにちは。 地図や地理に関心がある方やこれから学びたいという方から「何かオススメの本があったら教えてください」というお問い合わせをいただくことがあります。 そこで、今回は地理・地図分野で気になる書籍をご紹介。参考にしていただければ幸いです。 PICK UP - 今月の書籍 統計データを地図化して傾向を把握『地図化すると世界の動きが見えてくる』 自然環境・産業・資源・エネルギー・生活と文化・人口などさまざまな情報を地図化して傾向や特徴を解説。例えば「コンビニエンスストアの出店戦略」「外国人旅行者の移 ...

ReadMore

コラム 数学・数学者

メアリー・サマヴィル|ヨーロッパで最も傑出した女性と称えられた科学者

2020/9/1

Mary Fairfax Somerville 1780年12月26日 - 1872年11月29日 このすばらしいささやかな書籍を買い求めたとき、私は三十三歳でした。 はじめて『代数』という神秘的な語を見た日をふりかえり、ほとんど希望もなく、耐えてきた長い年月をおもうと、こんな宝を手に入れるなど、まるで夢のようでした。 この言葉を残した女性の名前はメアリー・サマヴィル。本連載「エイダ・ラブレス」に数学を教えた才媛である。 1780年12月26日 誕生 メアリーは1780年12月26日、スコットランドのジェ ...

ReadMore

コラム 地図・地理

宅地建物取引と水害ハザードマップ|物件の水害リスク説明義務化における課題

2020/8/31

各地で大きな水害が相次ぐ中、2020年7月17日に国土交通省から一つの発表があった。 宅地建物取引業法施行規則の一部を改正して、不動産取引時に水害(洪水・内水・高潮)ハザードマップにおける対象物件の所在地を事前に説明することを義務づけるというものだ(施行日は2020年8月28日)。※発表内容はこちら 水害ハザードマップを使った事前説明の義務化 宅地建物取引業法では、宅地又は建物の購入者に不測の損害が生じることを防止するために、宅地建物取引業者に対して、契約を締結するかどうかの判断に多大な影響を及ぼす事項を ...

ReadMore

AI・機械学習 コラム

Transformerを採用した最新の物体検出手法「DETR」を紹介

2020/8/28

はじめに インフォマティクスで機械学習業務を担当している大橋です。今回は物体検出技術の紹介をしたいと思います。 物体検出とは、以下のように画像の中から物体のある位置を矩形で予測し、その物体が何であるかを推定する問題です。 論文[1]より抜粋 今回紹介する論文[1]は、これまでとは異なったアプローチによって既存のモデルが抱えていた問題点を解消した、とても興味深いものとなっています。 ※本記事はTransformer [5]等の深層学習の知識がある程度あることを前提として書かれています。 これまでの物体検出 ...

ReadMore

コラム スマホアプリ 地図・地理

全国避難所ガイド|いざという時の安否確認にも役立つ災害用ナビ

2020/8/26

日本に接近・上陸する台風が増えるこの季節、突然の水害に備えてチェックしておきたいのが、災害時の避難所や避難場所だ。 そこでおすすめなのが、地図上で避難所を探せるアプリ「全国避難所ガイド」である。 全国13万件以上の避難所情報を収録 同アプリは、全国の自治体が定めた災害時の避難所や避難場所を収録したアプリ。収録しているのは避難所および広域避難場所、一時避難場所、帰宅困難者一時滞在施設、津波避難施設などで、収録件数は約13万件以上にのぼる。 避難場所のほかにも、給水地点や医療機関の位置など災害時に必要な情報が ...

ReadMore

AI・機械学習 コラム

AIで密集度・群衆人数を解析|混雑状況の可視化に役立つ技術 Crowd Counting(クラウド カウント)

2020/8/24

世界中で新型コロナウィルスの感染拡大が続くなか、対策として密集回避が重要だと言われています。 そこで、今回はAIを使って密集度合いを検知する技術について紹介します。 Crowd Counting(クラウド カウント)とは 写真に写った群衆(Crowd)の人数や密集度合いを測る技術は「Crowd Counting(クラウド カウント)」と呼ばれています。 クラウドカウントは、群衆に限らず、車や動植物の数を計測するなど様々なことに応用できる技術です。「Visual Counting(画像から数を割り出すこと) ...

ReadMore

AR/VR/MR スマホアプリ

描いた絵が動き出す「らくがきAR」を試したら社長が...!

2020/8/21

皆さんこんにちは。 今回は描いた絵が動き出すと話題のアプリ、「らくがきAR」を試してみましたのでレビューしたいと思います。 らくがきARとは 「らくがきAR」とは、クリエイティブ・スタジオ「Whatever」社が8月1日より配信開始したiOS/iPad向けAR(拡張現実)アプリです。 8月5日朝の時点で30万ダウンロードされているので(参考:らくがきARがどうやって生まれたか)、「配信後先着1,000名限定のダウンロード無料キャンペーン」は数日で終了したと思われます。 「らくがきAR」はみんなが思い描いて ...

ReadMore

コラム 地図・地理

Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)とは|ゲーム概要・人気のワケ・舞台対馬を紹介

2020/8/6

皆さんこんにちは。 例年ならこの時期旅行や帰省となるところ、今年はコロナの影響で自宅でのんびりという方も多いのではないでしょうか。 さてゲーム好きの方は既にご存知かと思いますが、7月17日に発売されたゲーム「Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)」が、独特の世界観や高い映像美から国内外で話題になっています。 そこで今回は、最近「ゴースト オブ ツシマ」ってよく聞くけどどんなモノ?どこがスゴイの?という方のために、概要や人気のワケをご紹介。さらに、舞台となった対馬市(長崎県)についても ...

ReadMore

コラム スマホアプリ 地図・地理

ゲリラ豪雨予測アプリ tenki.jp Tokyo雨雲レーダー|新型気象レーダー採用で予測精度向上

2020/7/31

新型気象レーダー採用で予測精度の大幅アップが期待 大雨による水害が各地で頻発する中、突然の大雨をすばやく察知して早めに防災対策や避難行動を起こすことが重要となる。そのために活用したいのが、気象情報をいち早く知らせてくれるスマートフォンアプリだ。 日本気象協会が2020年7月7日にリリースしたiOS/Android向けアプリ「tenki.jp Tokyo雨雲レーダー」もそのひとつで、危険な雨をいち早く察知することができる。 tenki.jp Tokyo雨雲レーダー アプリ概要 同アプリは、内閣府のSIP(戦 ...

ReadMore

© 2020 株式会社インフォマティクス