コラム

私が出会った風景 6|三原会長の自叙伝コラム

GISソリューションベンダー インフォマティクス三原会長の自叙伝コラム「平凡な風景 6 ~番外編 1983-1999~」

平凡な風景1~5で、私の生い立ちから、長島さんと出会い会社設立を支援して現在に至るまでをお話ししました。

今回は、その途中で海外に滞在したり大阪に赴任したときのことをご紹介します。時間軸が戻りますがご容赦を。

ケンブリッジ(英国) 1983

1983年の夏、英国ケンブリッジにある開発会社(ARC社)で3ケ月間仕事をする機会があり、英国での日の長い夏を楽しみました。

公園の周囲には大きな樹々が立ち並び、広大な芝生で野生のリスが遊んでいました。夏期休暇シーズンということもあり、他の欧州国から語学学校に通う若者が多数集っており、高校生ぐらいの若者とおしゃべりを楽しんだりしました。

ARC社では、日本から送られてくるリクエストを開発スタッフに伝えたり、日本語入力のコマンドの開発を行いました。そこで出会ったスタッフ達といまだに仕事で繋がっていることは感慨深いものがあります。

CADのユーザー会を開催した時はケンブリッジ大学の学生寮に泊まり、冷たいシャワーを浴び(お湯がでない!)、食事は学食でとりました。ケンブリッジやロンドンの街をさまよった日々が懐かい。

私自身英語は得意ではなく親しむ機会もありませんでしたが、ある時、契約書の作成を頼んでいた弁護士から、内容が曖昧な箇所に関して「契約書はAgreementなので、相手と同意した内容を記述するものだ」と言われて目から鱗が落ちる思いをしました。髪を切るのは「Trim」で、「Cut」だと切りすぎてしまう。銀行口座の開設と閉鎖はOpenとClose。日本語だと少々大げさな表現も、英語だと意外にシンプルなので驚きました。

台北、ソウル、北京 1988-1990

1980年代、建築CADは先進技術だったこともあり、周辺のアジア国から多くの人が視察のため来社されました。

その中で韓国、台湾、中国にユーザーが生まれ、ソウルと台北に支店を開設しました。トレーニングのため各ユーザーを訪問したことがありますが、いずれのユーザーも学習意欲の高さ、勤勉さに感心しました。

韓国は当時まだ戒厳令が敷かれていました。社員食堂のキムチの匂いが懐かしい。中国は、米国同様、広大な国土を有しており羨ましく感じましたし、万里の長城のアップダウンの大きさにも驚きました。北京、台北の故宮博物館を訪問したことも、両国の歴史や関係を考えるうえで大いに刺激を受けました。国の「ソフト」力として、どんな文化持っており、それをどう維持していくかは、とても重要なテーマだと思います。

大阪 1997-1999

1997年から2年間、大阪での単身赴任を経験しました。毎週末、新幹線で横浜の自宅に戻り、週明けまた大阪に行くという日々でした。

大阪は食べ物がおいしいうえに安く、とても親しみやすい街です。ひとくちに関西と言ってもそれぞれの地区にそれぞれの歴史や文化、風習があり、小さな欧州を見るようで、いろいろな楽しみ方がある地域だと思います。

北海道人は大きな地域をひと括りに言われることに抵抗はありませんが、関西人と言っても、もっと正確な地域を言わないと納得しない人がいたり、特徴を説明しきれないことも多々あります。

おわりに

北見、函館、東京、川崎、横浜と、合計18ケ所の引っ越をしました。思い起こすと、小さな喜びを積み重ねただけで、大きな病気や事件もなく幸福な人生を送ってきました。規則正しく家と会社を往復する毎日です。(今は在宅勤務体制のため、ほぼ自宅にいる生活ですが。)

こうして振り返ると平凡な生活ほどの幸福はないと思います。次はどんな景色を見ることができるのでしょうか?最後までマイペースで「空間・時間・人間」のテーマを追いかけたいと思っています。(posted by Shoichi Mihara)

弊社の空間情報事業について詳しくお知りになりたい方へ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
空間情報クラブ 運営事務局

空間情報プラス 運営事務局

株式会社インフォマティクス 空間情報プラス運営事務局です。これまで8年余り「空間情報クラブ」を運営してきましたが、このたび新たに「空間情報プラス」を立ち上げました。空間情報プラスでは、位置情報や地図、システム、数学など幅広く読者の関心を集める情報を掲載しつつ、空間情報クラブとはまたひと味違う空間の情報化・見える化に関する新しい情報をどんどんお伝えしていきます!ご意見やご感想、掲載依頼、コラボ企画、相互リンクなどをお待ちしております!

-コラム
-, , , , ,

© 2020 空間情報プラス