コラム

私が出会った風景 5|三原会長の自叙伝コラム

GISソリューションベンダー インフォマティクス三原会長の自叙伝コラム「平凡な風景 5 ~東京 市ヶ谷、神奈川 川崎編 1982-2004~」

研究所を辞め、会社設立を手伝うことに

社会人2年目の夏、TLヤマギワ研究所の1階に、コンピュータを利用した建築設計支援システム(CAD)を販売する会社が設立され、立ち上げを手伝うことになりました。ここで創業者の長島さんと出会い、その後の私の人生が決定付けられることになりました。

大学院を卒業する時、研究のためには社会の実務を経験することが大事だと思い、「3年ぐらい外の世界を見てきます」と指導教官に告げて就職しました。ですから、照明の研究所での仕事にそれほど未練はなく、まったく未経験であったコンピュータの世界に考えもなしに飛び込みました。

私にとって未知の分野であったコンピュータの進歩は著しく、現在に至るまで飽きることなくチャレンジを続けてこられました

好景気の波に乗って順調に成長

当時スタートアップ企業は5年5億円の壁と言われていましたが、2年目から大型商談が続きました。建設バブルの時期でもあり、大手ゼネコン、設計事務所などに建築CADを導入いただき、その後10年間会社は順調に成長を続けました。こうして3年の腰かけ就職のつもりが、40年にも及ぶことになりました。

会社が設立されたのは1981年の夏。もともとは木造2階建の幼稚園だったものを照明のショールームとして使用していたのですが、その1階部分を改装し、コンピュータルームが作られました。

商談時のデモで最もお客さまの目を引いたのが大型フラットベットプロッター。1トンもある大きな箱の中で、A0サイズの図面を高速に描画していくこの機械を、皆さん驚いた様子で見入っていらっしゃいました。

このプロッターを設置するために木造の床をはがして土台工事をしたり、市販のワープロを改造して日本語入力機を作ったり、理容室で使われる昇降台(足で踏んでイスの高さを変えるもの)を扱っているメーカーにグラフィック端末用の机を特注したりと、楽しい試みをたくさんしたことが懐かしい。その後も、そういった取り組みの伝統が会社に残っていることを感じることがあり、うれしく思います。

バブル崩壊で難局に直面

1990年代に入ると建設バブルがはじけ設備投資が停滞し、安価なパソコンの時代に突入。会社は急激に売り上げが落ち込み、10年目の売上を超えるのに、その後20年の歳月を要しました。

「Cash flow is more important than your mother !」これは長島さんの教えです。会社に現金はなく、扱っている機器は海外製品のため納期も遅く、さらに契約時に30%支払請求されるという厳しい状況でした。ただそんな中でも、仕事において営業、技術、開発など何でも経験できたのは幸運なことでした。

川崎へ

その後時代のニーズに合わせて事業は建築CAD、土木CADから空間情報システムGISの提供へ変化し、本社社屋も社員の増加に伴い市ヶ谷から千駄ヶ谷、品川、川崎へと移転していきました。

川崎に移ることになった時、内装設計を建築家 隈研吾氏にお願いできたこと、27階の最上階で天井高が3mと高く広々とした豊かな空間を手に入れることができたのは幸せなことでした。(posted by Shoichi Mihara)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
空間情報プラス 編集部

空間情報プラス 編集部

株式会社インフォマティクス 空間情報プラス編集部です。これまで8年余り「空間情報クラブ」を運営してきましたが、このたび新たに「空間情報プラス」を立ち上げました。空間情報プラスでは、位置情報や地図、システム、数学など幅広く読者の関心を集める情報を掲載しつつ、空間情報クラブとはひと味違う空間の情報化・見える化に関する新しい情報をどんどんお伝えしていきます!ご意見やご感想、掲載依頼、コラボ企画、相互リンクなどもお待ちしています! https://www.informatix.co.jp/

-コラム
-, , , ,

© 2020 株式会社インフォマティクス